子どもの一日の生活の中で大切なことは「食べて、寝て、遊ぶこと」と私たちは考えています。
寝て、遊ぶことは一人でもできなくはありませんが、食べることは大人次第なのです。
食べることは大人たちから子どもへの心がけがとても大切なのだと思います。
最近になって「食育」の意識が高くなり、農林水産省ホームページで食べるとゆう事にも様々な取り組みを推奨し、奨励しています。
「のしお保育園」ではもともと同じような考えの下、お昼の食事をしています。

のしお保育園では『和食』を中心とした野菜たっぷりの献立で提供しています。
お昼の主食はお米を基本とし、魚を使った献立もたくさんでます。
ファーストフードやレトルト食品など、忙しい毎日に便利なものがたくさんあふれていますが、そういった食品を子どもの頃から食べ続けることで、将来生活習慣病の下地になると考えています。
『日本人が昔から食べてきた食事は、日本人の体にあった健康的なもの』という考えから、子ども達にも昔ながらの和食に小さいうちから馴染んでもらい季節の野菜やお魚をおいしく食べたり、行事食を通して、古くからの日本人が大切にしてきた知恵や文化を身に付けて欲しいと思っています。

1.四季折々の旬の野菜や魚を豊富に使い、食事から季節を感じ取れるようにしています。

2.食事に使う食材や調味料は、原則として国内産の安全なものを使用しています。例えば、お米は「山形産庄内米七分つき」、しょうゆ「長工しょうゆ」、塩「伊豆大島産海の精」、砂糖「種子島産一番糖」、酢「京都三条千鳥酢」、味噌「長野県産山吹味噌」。

3.食器は子どもたちの成長に合せた食べやすく、安全なものを選んでいます。すくいやすいスプーンや食器をつかうことで、自分でできる楽しさを知り、食べる意欲を育てます。(基本的にフォークの使用はせず、スプーンの次はお箸に移行します)

4.食事時間に使う椅子やテーブルは子どもの体格に合わせた良い姿勢(床にしっかりと足が着く、姿勢が前かがみにならない、ひじがテーブルにあたらない等)になるものを選んでいます。

5.子どもたちの五感を育てる食事づくりを心がけています。見た目や味はもちろんのこと、食べた時に感じる歯ざわりや香り、温かさなどを配慮した献立で作っています。